知りたい!中古車の輸入と輸出について

輸入車は、日本人があこがれる存在だと言えるのです。それは中古車になっても全く変わりません。

日本国内には輸入車の中古車も多く走っています。

日本国内で販売された輸入車を購入するのが中古車の場合は一番だと言えます。
これは、メーターや年式などがきっちりと記録されているからです。
メーターや年式が不明という事は全くありません。一番困るのは、本国などで走っていた車を中古で輸入した車です。
これは中並と呼ばれ、どんな状態で乗られていたのか、年式も走行距離も分からないのです。
もちろん、程度が悪ければ、輸入業者はそれだけ利益を上げることが可能です。
外観さえまともなら、中身はボロボロでも取引が行われる可能性があるのが中並の怖さだと言えるのです。
これに対して新車で輸入が行われた新並なら、まず問題はありません。唯一問題が生じるとすれば、輸入業者がそれほどまともで無いときに、日本向けの対策を施すことは無く販売されることです。

日本は世界でも車にとってかなり苛酷な環境だと言えるのです。
四季がある上に梅雨なども存在します。
海外の場合は気温が高くても湿度が低いとか、年間を通して同じ気候が続くと言う事が多いので、車に取ってはそれほど過酷な条件とは言えないのです。
そのため輸入車はどうしても日本の気候に合わないと言えます。
古くから日本で車を販売しているメーカーの車ぐらいしか、買っても安心して乗ることは出来ないと言えます。
日本国内に専門の販売店を持つ様なメーカーであれば、それほど大きな問題はありませんが、何処で売っているのかさえ分からないような車だと後々面倒だと言えます。
買っても故障ばかりと言う事があり得るからです。