知りたい!中古車の輸入と輸出について

中古車の輸入を知ることです。欧州車のコンサルティングをしている人を知るといいです。外車を知るといいです。

中古車の輸入を知ることです

中古車特に外車は買っても壊れて後々大変なことになると言われます。
購入費用の倍くらい修理費用がかかるとか。運良く修理に至らない、当たり玉だったとしてもやはり維持費は大変とか。
でも、実はポイントを抑えて探し、扱い方を間違えなければ、そんな簡単に壊れることはないです。
中には本当によく壊れる車もありますけど、ほとんどは壊れたのではなく、壊したというパターンだったりします。
維持費もほんの少しの知識があれば、抑えることが出来ます。
当然のことですが、ヨーロッパでは欧州車が元気よく走っています。
さて、ポイントといっても車種やメーカーによっていろいろあります。
皆さんが車を探すときの参考になるように車種別にポイントを上げていきますので、狙っている車のポイントを探してみてください。修理費用や維持費の乗ることを諦めている人にリーズナブルに思い切り思い切り欧州車ライフを楽しんでもらうのが僕の夢です。

BMWの8シリーズを知るといいです。
1990年に発売されて1999年まで販売されていました。
1999年なんていうと、意外に最近まで販売されていたんだなと思っても気がつけば2013年です。
末期のモデルでもう15年選手です。
ライバルはメルセデスのSL(と言われている)。リトラクタブルヘットライトを採用してるため、見た目には本格クーペのように見えるけど実はそこまでストイックに走るモデルではなく、GT的な高級クーペという位置づけです。
現代の6シリーズが一番近いです。
輸入の車をよく知るといいです。

おすすめサイト一覧